自転車通勤

ロードバイク選びのポイント

これからロードバイクに乗ろうと思っている方に購入に際してのアドバイスをします。

ロードバイクの選び方としては、まず、どこで乗りたいのかということを
明確にしてから検討するといいと思います。

自分の目的に合った車種のロードバイクを予算に合わせて選びたいもの
ですが、できればアフターフォローがしっかりしていて、メンテナンスの
相談にものってくれる自転車屋さんで購入することをオススメします。

ロードバイクは、本体価格も安いものではありませんが、一度買って
しまえばそれで終わりというものではないからです。

タイヤの交換、車体のメンテナンス、グッズの購入など、何かとお世話に
なる機会も多いでしょう。

実際にロードバイクを購入する前に、知識が豊富で親身になって相談に
のってくれるような自転車屋さんを探すところからロードバイク選びは
始まるのかもしれませんね。

後、購入した後の事を考えるならロードバイクと言うのは、かなりの前傾姿勢を
とるので初めて乗る人にはちょっと姿勢が辛いかもしれません。

わたしの場合は、ちょっとではなく、かなりキツかったです。
とてもじゃないけど、この姿勢で長時間は絶対に無理・・・と思ったのを覚えています。

特に自分の場合は腰に持病を抱えているので、腰にきました。

思い当たる人は、日頃から腰痛予防体操をしておくといいかもです。

ロードバイクのメーカー説明

今、乗っているロードバイクはサーリーというメーカーのものだが、
他にもメーカーは沢山ありますが、主なメーカーについて簡単に説明します。

GIANT(ジャイアント)は、生産拠点を人件費の安い台湾に移して、
生産コストを大幅に削減しました。

その名の通り、世界一ともいわれる規模のメーカーです。
高い技術力とコストパフォーマンスのよさから、人気を集めています。

TREK(トレック)は自社ブランドのロードバイクを生産していて、比較的
初心者用のモデルも出しています。

ハワイをイメージしたKONA(コナ)は、独特のデザインで人気があり、
世界各地にレースチームを持っていることでも有名です。

ブリヂストンのスポーツ自転車メーカーであるANCHOR(アンカー)は、
日本のメーカーだけに、日本人の体型にあったロードバイクを作っています。

台湾に本社を構えOEM生産を多数請け負っている事でも有名なMERIDA(メリダ)は
アメリカのメーカーであるSPECIALIZED(スペシャライズド)やドイツメーカーの
CENTURION(センチュリオン)を傘下にしており、ブリヂストンとも提携している
のですが、日本では一部の廉価モデルしか取り扱いがありません。

ビアンキ・ブルーが特徴のイタリアのメーカーBianchi(ビアンキ)も、
イタリアらしいオシャレなデザインからファンの多いメーカーです。

この他にも色々なメーカーがあり、個人的に好きなメーカーというのも人に
よって違ってくるでしょうし、こだわりのメーカーというのもあるでしょう。

ロードバイクで自転車通勤する上で必要な事

ロードバイクで会社通勤するようになって気になることがあります。

それは通勤途中でパンクした場合です。
もし、そうなってしまったら遅刻してしまう可能性があります。

これでは自転車通勤をしている意味がありません。

もし途中でパンクしてしまったら自分で直すしかありません。

つまり、自転車通勤で欠かせないのがパンク修理とタイヤ交換です。
ですから日頃からパンク修理はできるようにしておく必要があります。

パンク修理やタイヤ交換、チェーンやブレーキ調整などは、自分でできるように
一度ネットでやり方を調べておくといいでしょう。

他にはロードバイクのメンテナンス方法について、素人にもわかりやすく
書かれた本などを参考にするのもいいと思います。

初心者には、自転車の各部の名称や必要な工具などもあまりよく分りませんから
そういう本が手元に一冊あると便利です。

それでも不安があるようなら、自転車屋さんで教わるのもひとつの方法かもしれません。
最初のうちは、きちんとできたかどうか、専門家にチェックしてもらった方が無難です。

なにごとも慣れでしょうね。

ただ、ロードバイクの場合、空気圧が非常に高いので空気を入れるのが大変。
携帯用の空気入れでは厳しいかもしれない。

何か他に方法がないかと調べてみたら、ノーパンクタイヤというのがあるそうだ。
ちょっとこれは真剣に調べてみる価値がありそうだ。

また、しばらくネットサーフィンの日々が続くかもしれない・・・

ロードバイク通勤の注意点

ロードバイクで通勤するにあたって、色々と注意することをネットで調べてみた。

まあ、自分で考ついたこととそんなには大差なかったけど・・

でも一応、整理するために書き留めておくことにする。

ロードバイク通勤には途中でのパンクを修理するための道具や携帯空気入れも
あると安心です。

ロードバイクは、高価で人気が高いので、盗難も多いようですので、
鍵も二重、三重にしっかりとかけて、盗まれないようにする対策が必要です。

また、頭部を守るために、ヘルメットを着用することをオススメします。

それと、会社に着替えられるスペースがあるのなら、裾がダブつかないロードバイク
通勤用のウェアに着替えて、しっかりとヘルメットを装着する方がかっこいい
かもしれません。

ロードバイク通勤は、距離を走れば汗をかいてしまうこともあるでしょうし、泥はねや
にわか雨でスーツを汚す可能性もあります。

スポーツサングラスやグローブなんかもあれば、ロードバイク通勤の備えと
しては、完璧だと思います。

やはりロードバイクに乗るからにはカッコ良く決めたいですが、
あまりにそれっぽいと分るような格好は、さすがに照れくさいですね。

なにごともほどほどが一番です。

それと一番重要なのが、事故にあわないことです。

これだけは、本当にしっかりと守ってもらい、安全第一の運転を心がける下さい。

ロードバイク通勤のメリット

普段は125ccのバイクで通勤しているけど、実は自転車も好きで休みの日には
たまに近くのサイクリングロードを走ったりする。

その自転車とは、いわゆるロードバイクである。

マウンテンバイクとか、クロスバイクも考えたけど、格好の良さでロードバイクにしてしまった。

でも、買ってビックリ。
思った以上に前傾姿勢がキツイのだ。

バイクでも、それなりに前傾になるので全然大丈夫だろうと気にせずロードバイクに決めたのだが、想像以上であった。

それとサドルの広さ。
最初は慣れないせいもあって、お尻に食い込んできて拷問にあっているような気分になってしまった。

正直、ちょっと失敗したかなと後悔。

後は、もう乗って慣れるしかない・・・

そんなこともあってか、一度自転車での通勤をしてみようと考えるようになった。

ロードバイク通勤には、いろいろとメリットがあります。

一番のメリットは、バイク通勤でも同じことが言えるけど、何と言っても満員電車で
ギュウギュウ詰めにならずにすむことでしょう。

さらに、交通費がかからないので浮いた分がおこづかいになったりします。
これは、バイク通勤よりもメリットがあります。

その上、当然運動にもなります。

ロードバイクでスイスイ通勤することで、ストレス解消になる人もいます。
帰りにちょっとした寄り道ができるのも、ロードバイク通勤のよさですよね。

ただ注意点としてロードバイク通勤には、用意しておかなければならない物があります。

まず、安全のために欠かせないのが、ライトと反射板です。
夜間には、歩行者や自動車に自分の存在を知らせる事が事故防止につながります。

ロードバイクには、チェーンガードがついていないので、ズボンの裾を
巻き込んでしまわないように工夫が必要です。

もしくは、ロードバイク通勤専用のユニフォームを着るというのもいいかもしれないですが、
ちょっと躊躇してしまいます。

個人的にはそこまでバリバリにロードバイクっていう格好も恥ずかしい気がします。

まあ、派手な方が目立って、安全を考えた場合はいいかもしれないですが・・・