薄毛の悩み

育毛・薄毛対策について

薄毛を解消するために育毛を試みた多くの方が、数種類の育毛剤を試したことがあると思います。

育毛の仕方というのは、何が原因で薄毛になっているかによって、
そもそも育毛のやり方を変えるべきなのです。

実際、人によっては部位によって育毛剤を使い分けている人もいます。

育毛剤や育毛シャンプーを使用して、頭皮の状態を整えることで、
より太く丈夫な髪の毛が生えるようにすることも育毛の目的です。

またそれと同時に育毛、薄毛対策としての脱毛予防には、
髪に優しいシャンプーを使用すること、頭皮のマッサージを行うことが重要です。

仕事のストレス、人間関係など現代社会でのストレスによる疲労は、
髪の毛にも悪影響を与えるので、これらに対しても注意することが必要です。

その他、世間でよく話題になるのが遺伝も影響すると言われますが、これは実はあまり関係ありません。

育毛、薄毛対策としての体質改善には、バランスの取れたアミノ酸の摂取を心がけることです。

このため、日々の食事を通して18種類のアミノ酸をバランス良く摂ることが大事となります。

特にアミノ酸は、毎日摂りいれるように気を配ってください。

不規則な生活、バランスの悪い食生活は、髪の毛によくありませんので、
毎日の食事のメニューを見直して、アミノ酸を毎日どれ位摂りいれているか、
一度チェックしてみて下さい。

なかなか、一度には改善できないかもしれませんが、本気で髪のことを考えるなら
変えていくしかありません。

それができないならハゲを受け入れる覚悟が必要かもです。
最悪、それが原因で結婚できないなんてならないようにしたいです。

薄毛の対処について

この頃は薄毛に悩んでいる方が多く、育毛、薄毛に関しては、男性、女性、年代に関わらず、
結構関心がある人が多くなってきています。

様々な育毛剤などがありますし、かつらも、テレビや雑誌でよく広告を見かけます。

また、シャンプーもヘアケアを考えた場合、けっこう重要です。

低価格のシャンプーだと、ラウレル硫酸が含まれていることが多く、これは、
髪の毛を痛めてしまいます。

育毛、薄毛への対策としては、まず、日常での心がけが第一です。

それには髪の毛を清潔にすることが大事ですが、
髪の毛を洗うのには、薬用シャンプーを使うのがいいです。

薬用シャンプーだと、髪の毛を痛めず、清潔を保つことが出来ます。
また、出来るだけ夜の11時より前にシャンプーしたほうがいいのです。

1日のうちで夜の11時から深夜2時にかけては、頭皮の新陳代謝が1番活発に
なる時間帯なのです。

また、最近は禁煙する人が増えてきましたが、大事な育毛、薄毛への心がけとして、
喫煙も、出来ればやめたがよいでしょう。

喫煙は、血行を悪くし、これが、頭皮の結構も悪くしてしまい、抜け毛につながります。

パーマ、ブリーチも、若いうちはいいですが、これも髪の毛を痛めるので、
年配の方はやめた方がいいでしょう。

育毛、薄毛に対しては、ヘアースタイルよりも、髪の毛の豊かさが大事ですからね。

育毛、薄毛の対策としては、髪の毛の健康を心がけることなのです。

このため、入浴の後などは頭皮のマッサージを心がけるとよいでしょう。

こうした形で髪の毛に刺激を与えるのは、とても良いことなのです。
いわば、髪の毛の体操ですね。

頭のかゆみに悩まされています

近頃、頭が痒い。

これもヘルメットを絶えず被っているのがいけないのだろうか?
とにかく、すぐに汗だくになり、ヘルメットの中は最悪の状態になる。

まあ、やっぱり髪には良くないのは間違いないと思う。

ちょっと心配になって、ウエブで色々と調べてみた。

すると、かゆみの原因のひとつに洗髪の仕方に問題がある場合があるとのこと。

たとえば、シャンプー、リンスなどがそれです。

シャンプーも品質の良くない安いのを使っていると、かゆみやフケの原因のなってしまう事もあります。

買う時に安いからと値段だけで選んでしまうと、後で思わぬことになってしまう可能性もあります。

髪の毛で心配なことがでてきたら、値段だけで選ぶのではなく成分の事も気にして使うようにしたほうがいいです。

シャンプーは、石油系・石鹸系・アミノ酸系と3つに区別できますが、頭皮にやさしい弱酸性のがおすすめです。

今はシャンプーひとつとっても色々と出ているので、選ぶのに迷ってしまいますが、
自分の髪のことなので多少高くても、それなりの物を使うようにしたほうが後々困らないと思います。

後、髪のかゆみで悩んでいて考えられることは、それはひょっとしたらダニの可能性があるとのこと。

一度シャンプーを変えてみると、案外、その悩みは解決されるかもしれません。

ただし、そのダニを除去するタイプのシャンプーを使う必要がありますが・・

問題は、どうやってそのシャンプーを調べるかということ。

選ぶのに迷ったら、やはりネットで調べるのが便利です。

たとえば、頭皮 かゆみ シャンプーなどと指定して検索してみるのもいいかもです。

最近はげてきたのはヘルメットの蒸れのせい?今やらないとヤバイ対策

最近の悩み、それははげてきたこと。

抜け毛が激しいと言うか、めっちゃ増えた。
信じられないくらい髪がよく抜ける。

朝起きると枕の付近に驚くほど付いているので、鏡を見るのが怖いくらいだ。

考えられる原因は分かっている。

年中、ほとんどヘルメットを被っているからだろう。

会社が交通の便が良くないところにあるので、電車で通うと片道1時間半かかる。
帰りは朝よりも乗り継ぎが上手くいかないので、往復3時間以上かかってしまう。

ただでさえ満員電車での通勤は嫌いなのに、これだけ時間がかかったらもう完全に論外である。

その為、雨が降ってもバイク通勤で頑張っている。

当然、ヘルメットは被ることになる。

会社に着けば今度は仕事でヘルメットを被ることになる。

これじゃあ、ヘルメットで蒸れるのは当たり前ということになる。

特に夏なんか、もう最悪である。

このように髪が薄くなってきた原因は分かっているのに、どうしようもない。
仕事だから被らないわけにはいかないし、バイク通勤も止める気がないからだ。

かと言って、このまま薄毛が進んで完全にハゲてしまうのも困る。

う~ん、いったいどうしたらいいのだろう??

そこで考えたのが、ヘルメットで蒸れると本当に髪が少なくなるのかということ。

ひょっとしたら、ヘルメットの蒸れと薄毛は関係ないんじゃないか?
そんな期待を持って調べてみた。

でも・・・そのはかない期待は見事、裏切られてしまった。

やはり、ヘルメットを被ると髪には悪影響を与えるようだ。

どういうことかと言うと、ヘルメットを被ると頭皮が蒸れます。
すると、頭皮から出た皮脂によって雑菌が繁殖します。

つまり、不衛生な状態になるわけですね。
当然、そんな不潔なヘルメットを被っていれば頭皮環境は悪くなりますよね。

また、蒸れとは別に頭が圧迫された状態にもなり、血の巡りが悪くなります。
他にも、髪とヘルメットがこすれて毛根にダメージを受けてしまうことも・・・

残念ながらヘルメットを被るという事は、髪にとっては良くないことだらけでした。

こうなったら、ヘルメットを脱いだあとのケアをしっかりするしかありません。

じゃあ、どうやったら頭皮環境を整えれるのか?
もう、そればっかり真剣に考えていました。

そこで出た結論が・・・

今、話題になっている次世代のスカルプケア「ザスカルプ5.0c」を試してみることでした。

何故、このザスカルプ5.0cを使ってみようかと思ったのか?
それには最大の理由が

発毛効果がある成分として「ミノキシジル」というのがあり、これを含んだ育毛剤もあるのですが、
欠点として頭皮のかゆみや肌荒れなどを起こす副作用があるのです。

いくら効き目があっても、そんな副作用があったら安心して使えないですよね。

でも、色々探してみたら副作用の心配もなく、しかも「ミノキシジル」よりも3倍も発毛効果が
あるとされている「キャピキシル」というのがありました。

そして、この「キャピキシル」が配合されているのが、このザスカルプ5.0cなのです。
認証マークも許諾され、公式に認められているので安心です。

モンドセレクション2015年 金賞を受賞し、60日間の返金保証が付いているので
安心して試すことができました。