ロードバイクのメーカー説明

今、乗っているロードバイクはサーリーというメーカーのものだが、
他にもメーカーは沢山ありますが、主なメーカーについて簡単に説明します。

GIANT(ジャイアント)は、生産拠点を人件費の安い台湾に移して、
生産コストを大幅に削減しました。

その名の通り、世界一ともいわれる規模のメーカーです。
高い技術力とコストパフォーマンスのよさから、人気を集めています。

TREK(トレック)は自社ブランドのロードバイクを生産していて、比較的
初心者用のモデルも出しています。

ハワイをイメージしたKONA(コナ)は、独特のデザインで人気があり、
世界各地にレースチームを持っていることでも有名です。

ブリヂストンのスポーツ自転車メーカーであるANCHOR(アンカー)は、
日本のメーカーだけに、日本人の体型にあったロードバイクを作っています。

台湾に本社を構えOEM生産を多数請け負っている事でも有名なMERIDA(メリダ)は
アメリカのメーカーであるSPECIALIZED(スペシャライズド)やドイツメーカーの
CENTURION(センチュリオン)を傘下にしており、ブリヂストンとも提携している
のですが、日本では一部の廉価モデルしか取り扱いがありません。

ビアンキ・ブルーが特徴のイタリアのメーカーBianchi(ビアンキ)も、
イタリアらしいオシャレなデザインからファンの多いメーカーです。

この他にも色々なメーカーがあり、個人的に好きなメーカーというのも人に
よって違ってくるでしょうし、こだわりのメーカーというのもあるでしょう。

SNSでもご購読できます。